ボランティア白書(仮称)を作成しています(2021年発行予定)

去る2001年の「ボランティア国際年(International Year of Volunteer, IYV)」に合わせ、IAVEは「世界ボランティア宣言」(The Universal Declaration on Volunteering)を発表しました。

それから2021年で20年が経ちます。そこでJAVEでは「IYV+20」をテーマとしてボランティアのこの20年の歩みをふり返り、成果と課題、そして今後の可能性などをまとめた『ボランティア白書』(仮称)を下記のように作成することを計画しています。

 

■内容

・IAVE会長や各国の責任者からのメッセージ

・日本国内のボランティア活動の推進機関や実践者、研究者の方のインタビュー

・公開されているボランティア関係の統計の整理

 

■発行時期

2021年の予定。2020年後期はワークショップや勉強会を通して様々な意見を集約していきます。

 

【公開記事】

記事は順次公開していきます。

 

1.「市民社会を築くボランティア」という考え方はまだ日本に定着していない 興梠 寛さん(昭和女子大学教授・コミュニティサービスラーニングセンター顧問)