【アメリカ】キング牧師記念日(Martin Luther King, Jr. Day)はボランティアの日!  

アメリカでは1月の第三月曜日(今年2018年は1月15日)は、1964年にノーベル平和賞を受賞した公民権運動の先駆的なリーダーの一人、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(Martin Luther King, Jr.以下キング牧師)牧師を称える国民の祝日です。


 

1983年に議会で決定され1986年からその祝日となったこの日には追悼式、式典、公開討論会、教育機関では、人種差別、平等、平和について教えるための授業が行われ、教会などではキング博士の活動を称える説教がされます。

またメディアは、公民権運動の歴史やキング博士の一生を紹介する特別番組が組まれます。 

 

動画でも見ることができます。

 

1994年、議会は「キング牧師記念日と奉仕活動法」を制定し、「キング牧師記念日」を国民のボランティアの日、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア、ディオブ・サービス(Martin Luther King, Jr. Day of Service)と定めました。この日は、国としてボランティを推奨する唯一の休日です。マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの頭文字をとってMLK デーと呼ばれています。

 

そのため、この祝日は国民にとって「デイ・オフ(休日)ではなく、デイ・オン(活動する日)」です。MLK デーは、大統領が全国的に推奨しているUnited We Serve※1の一部、アメリカ人が共に働き、急務な国の問題に解決していくことが期待されています。MLK デーは、個人をエンパワーし、コミュニティを強化し、障壁を克服し、社会問題の解決策を生み出して、キング牧師のビジョン「愛するコミュニティ」に近づけていきます。

 

MLK デーは、過去10年間で着実に成長してきました。毎年、数十万人のアメリカ人が子どもの学習指導にあたり、また子どもたちのメンターとなり、また学校やシニア・センターの塗装、食事の提供、住宅の建設を行い、まさにキング牧師の人生とその教えを反映した活動を行っています。MLK デーに始まったプロジェクトの多くは、その日一日のみならず一年を通じて地域社会に影響を与えています。

 

毎年行われる活動の範囲が広がっていますが、多くの人々はこのボランティアの日の重要性をいまだ認識していません。幸いなことに、多くのアメリカ民主化プロジェクト※2に加盟する大学は、キング牧師のボランティアの日の教育とボランティア活動を主催し、スポンサーとなっており、今後の活動の広がりと認知が期待できそうです。

 

以下は、ボランティア日に開催するイベントや活動を計画する際に役立つリソース、ボランティアのためのツールキットなどのリンクです。

 

ボランティアのためのツールキット

Planning an MLK Day for Colleges and Universities: A Collection of Resources(全39ページ)

 

2007年には、全米の州立大学協会(AASCU)が全米人学生担当者協会(NASPA)と協力して、大学および大学のボランティアの日を計画するためのリソースを集めました。 2010年にツールキットを更新しました。このツールキットには、資金調達、プロジェクト構成、ボランティア管理などのヒントが満載です。ケーススタディのセクションには、2009年の事例が含まれています。

 

●MLK デーのボランティア活動を見つけるウェブサイト

https://www.nationalservice.gov/mlkday

All for Good, A service of POINTS OF LIGHT

https://www.allforgood.org/search?&query=king%20day

 

●MLK デーのボランティアをサポートしている団体一覧

マーティン・ルーサー・キング、ボランティアの日

National Martin Luther King Day of Service 

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア、非暴力社会変革のためのセンター

(The Martin Luther King, Jr. Center for Nonviolent Social Change)

 

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア、ナショナル・メモリアル、ワシントンDC

Martin Luther King, Jr. National Memorial, Washington, D.C.

 

キング牧師、文書プロジェクト、スタンフォード大学(The King Papers Project, Stanford University)

http://mlk-kpp01.stanford.edu/

 

参照ウェブサイト

Martin Luther King, Jr. Day of Service

 

United We Serve

https://obamawhitehouse.archives.gov/administration/eop/sicp/initiatives/united-we-serve

※1 前大統領夫人、ミシェル・オバマが2009年6月22日にサンフランシスコで開催されたCNCSのボランティアとサービスに関する全国会議でUnited We Serve(UWS)を立ち上げ、9.11に終わる夏の期間81日間のボランティアを開始しました。

 

※2 アメリカ民主化プロジェクト*は250以上の大学のネットワークであり、高等教育の役割に焦点を当て、次世代の民主化、を準備する役割を担っています。